「ほっ」と。キャンペーン

新しいジャズの世界へようこそ


by cinecarrera
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

タグ:ピアノ ( 23 ) タグの人気記事

監督さんが「食べ物の値段がどんどん安くなるのに疑問を感じ、

真実を知りたいと思いこの映画を撮った」と言っています。

全編、言葉は一言も無くただただ真実の映像が流れていました。

何より牛、豚、鳥たちが、屠殺場から始まりまるで車の工場

と何も変わらぬ何かの部品でも作るようにベルトコンベアーに乗せられ、切り

裂かれ内蔵を取り出されていく。一つの命という意識はどこにも何さそうだ。

それらの大量生産の姿は壮絶です。前にドイツのそれぞれの家庭で自家製

ソーセージを作っているのを観た事があります。それは一頭の豚を大切に

内臓から血の一滴まで何一つ余す事無く使い、一家の一年間の食料として

保存していく…  とても自然で生き物が共存していく美しい姿でした。

安く売るための大量生産は、結果無駄が沢山出て売り切れず多くは捨てられる

現実があるそう。簡単にスーパーマーケットであらゆる食べ物を買える
c0181463_15332836.jpg


私たちの生活の裏には、こんな真実があったのだとあらためて知るべき事、

知らされていない沢山の事があるのだと感じました。

そんな胸が痛くなるような動物達の映像を観て、私はもうお肉が食べられなくなるのでは ?

と思いましたが、今日のお昼は豚の生姜焼き(笑) たくましい私ですが、

ちゃんと豚ちゃんの顔を思い浮かべ 「いただきます」 と感謝して美味しく食べました。

便利の裏には沢山の犠牲があったり、腐らないための薬が撒かれていたり、

何が安全で何が危険なのか、目に見えない事が多すぎて分からない事だらけ。

免疫をつける事も大事だし、何より自然に身体が喜ぶものを食していきたい。

心身ともに健康な事がいい音楽することにつながるし…

 大好きな茂木健一郎さんが 「命のあり方自体がレガートである」と言って

おられました。もともとバラバラだった細胞がお互いにくっつきあって私達が

出来上がる。分子のハーモニー。なめらかに結ばれていくのが命。

私たちの存在自体がレガート。 

レガートとはすべてに於いてぎすぎすしないこと

平和とは人類のレガート…  そう… そんなすべてを感じて

美しいフレーズを奏でましょう…   

                   http://makotrio.com
[PR]
by cinecarrera | 2009-08-05 15:33 | Jazz
に行って紀元前の遺跡たちを観たり、悠久の時に想いが馳せます。

海のエジプト展は、とのかく2000年以上も前の石像、石碑、生活用品、

アクセサリーや鏡、食器などが人間によって海の底から引き上げられ、

今、私の目の前にあるその事実… その奇跡に鳥肌が立ちました。前にポンペ

イの遺跡展にも行った事がありますが、そんな古代にも実は今とあまり変わら

ぬ生活をしていた事を、生活品などで知らされ人は歴史を刻み巡り巡っても

結局同じように生きるのか ? と思ったりもします。ただ今と違うのは神を

中心とした暮らしであった… ということかな。太陽や宇宙の神秘の圧倒的

な存在を大切にしていたのでしょう。それでもポンペイも、

きっとアレクサンドリアも人間の傲慢が大きくなった事に因って滅亡したわけ

です。現代、もし同じ事を繰り返しているとしたら、歴史に学ばない人間の

愚かさに神も手段を選ばなくなるかもしれません…

絶対に繰り返してはならぬもの… というのは誰にでも解っている筈です。

なのに何故… ?  そうそんな宇宙の大きな存在がある事を知っていても、

私も日々はこのちっぽけな自分がすべて。目先の事で頭はいっぱいになるし

欲も嫉妬もあればジレンマもある。宇宙時間を感じ生きれる時と超現実生活

時間を生きている時とは本当にミクロとマクロ。両方必要なのだろうけれど

やはり 忙しい は心を無くすと書くように、我を、愛を失ったり

する。迷った時は常に 
c0181463_11242971.jpg
 を選ぶ。これがすべてに正解の答え

だと私は思います。今自分は宇宙時間か現実時間かどこに居るかを客観的に

観察出来ていればうまくバランスとっていけるのだと日々感じるなり。

 ライヴもそう。降ってくる音をキャッチする入れ物である自分と、現実に

それを正確に指で鍵盤に伝える自分。悠久の時を感じて 弾きたい…

 今日も… 明日も…     
[PR]
by cinecarrera | 2009-07-27 11:24 | Jazz
c0181463_1485322.jpg
で優勝した辻井伸行さんがテレビに出て

演奏していた。盲目というのがどんな世界なのか私には分からないが、彼の

音楽を聴いているとむしろ羨ましくも思えるほど、幸せ、歓喜、安らぎに

満ちている。父が買ってきたCDもチラッと聴いたが、曲によってはもっと苦悩

や悪魔的部分を感じてほしいと思うほど、彼の中味は天使で純粋で透明な印象

を受ける。だからショパンの「子守唄」などには本当に母の子宮に戻れたかの

ように癒される。生きている以上きっと辻井さんにも苦しいと思うことがある

のでしょうけれど、それを喜びとして表現できるのか、苦しいという感覚が

体験できる幸せ という風にすでになっているのか…。

私というピアニストは、幸せに満ちて弾いている時ももちろんあるが、お客様

に般若の鬼面のような顔をして弾いている… と言われた事がある位恐ろしく

顔を歪めているらしい。意識は全くないが、たまに弾くことは夕鶴が自分の

背中の羽を一本一本抜いて織物を織っているようだ… と思うことがある。

弾くことは苦しい… でも嬉しい。だから今のところ自分の中にある苦悩や

悪魔も表現し、もちろん幸せや希望や天使も表現する。

そう… 7月19日(日)に一緒にライヴで演奏する岩見さんは、昔から

ずっと笑って演奏している人だ。本人に何故笑っているのか?と聞くと、

「そんなつもりはないが元が笑い顔なのだろう」とおっしゃる。

Mako Trioのメンバーとも演奏している時、楽しいか、苦しいか… と議論

した事があるが、結局誰もが苦しくもあるし楽しくもある。表裏一体でどちら

の視点から見るか、というだけの事だと思う。弾く時はいつもあるがままに…

前世から今までのすべての経験が今出す二度と無い音。

怒りやジレンマが強い日はそれがそのまま音となってしまう日もある。

音は正直で避けようがない。だからライヴの前は最高に気持ちよい精神状態

でいたいと思う。曲への不安や迷いは早めに払拭してすべてがクリアな感じ

で望む… その事への努力を惜しまない… と誓うなり。
[PR]
by cinecarrera | 2009-07-13 14:08 | Jazz
来週はライヴの週! わい。

日々コツコツと培ってきたものを表現する場がある、というのはこの上ない

喜びです。7月14日(火)のMako Trio、そして7月19日(日)に初メンバー

を加え、Mako's Partyというライヴをやります。ギターの岩見さんとやってい

たDuo Partyに今回はベース&ドラムを入れ豪華版。

いつもMako Trioで演奏している曲たちが違うメンバーだとどう変わるのか、

また岩見さんの曲も楽しみです。Mako Trioのリハーサルは、いつも曲の進行

の確認程度であまりやりません。敢えて自由な部分を残しておく、というか

その時起こるパッションを楽しみに取っておくという感じ。骨組を整える事や

柔軟体操は日々念入りにやっておき、どんな事にもより良く対処し、ハプニン

グを生かして広げていく。そんな空間や余白をリハーサルの時に残しておく

感じが好きです。Mako Trioはそんな風ですが、Mako's Party。自分の曲は

どう来てもどう転んでもすべてマコワールドに包んでしまいますが(笑)

岩見さんの曲が難しい!! 何とか必死で覚えています。ショパンでも何でも

人の曲を頭で覚えて身体に刻み込んで自分の曲であるかのように一部に

していく事で、人の才能ある細胞までも取り込んだ感じがします。

人の曲だと、ん? どうしてここはこの音なのだろう? とか、何か変なのー。

と思ったりする事があります。それを理解していったり弾き方に困って辻褄

を合わせていったり… そう、結局 違うものを受け入れる 事と

なり自分が広がることに繋がります。

ミラーニューロン という言葉が最近聞かれますが、私は入り込み

やすい質なので、ドラマでも何でもすぐにその主人公と自分がオーバーラップ

してしまいます。自分の芯さえしっかりしていれば、それはきっと得な事だと

思うのでこの際キース・ジャレットもチック・コリアも、皆ミラーニューロン

して行っちゃお(笑) 大泥棒でもそんな盗みは、法律にも引っかからない

でしょうし!? さて梅雨ももう少し…

夏の太陽もきっと私のように早くおもてに出たくてウズウズしてますね。

http://makotrio.com
c0181463_12272765.jpg

[PR]
by cinecarrera | 2009-07-07 12:27 | Jazz
 って、人には幾つかあるもの。

人であったり食べ物であったり、色んな事… そんなものが少しずつ無くなっ

ていくことが、成長するという事のような気がする。嫌だな… と思っていた

事をその時無理に受け入れる必要はないと思うけれど、時が経って自然と平気

になっていたり大嫌いだったものが何故か大好きに変わったりする。

短所は長所でもある… という感じに色々な経験や思いをしていく中で、

人は器を大きくしていく。私も数えればキリが無い位そんな変化があった。

小学校の時大嫌いだった人参は、その時の担任の先生からのいじめ ? で給食

に人参が出た日は人参のみ…しか食べさせてもらえなかった。お陰で ? 今は

大好きだし食べ物の好き嫌いは全く無し。大嫌いだったオペラが今や何より

好きだし、苦手だった人ほど面白い奴だ…と心底思っていたりする。

嫌だと感じること
c0181463_1237092.jpg
程、成長への何よりの課題だったり、実は大いなる

プレゼントであるのかもしれない。そんな風に考えられるようになって、

どんな事をも楽しめるようになっていた私だが、最後の砦 ? のように

わかっちゃいても受け入れられない… と思っていた事があった。

そんな自分が嫌だったが、どんな時もその感情から逃げずに向き合おうと

努力していた。そんな事人に言ったところで解決するものでもないし、

そんな自分を人に見せたくもない。何故そう思うのか、何が嫌なのか…

ずっとずっと日々自問自答していた。 しかし… 時は流れる… 

身体の細胞も入れ替わる… 脱けた… と感じた…。嫌だったことが心底

愛せている… やっぱり生きてるっておもしろい… 今の時点で私には

受け入れられぬ事など一つも無い… と感じている。でも分からない。

またそんな何かが降り懸ってくるかもしれない。それはきっと新たな出逢い。

どんと来い! です(笑) あれが嫌いだこれが嫌いだ… といっている人達が

居ても、もちろん私は何の強要もせず笑っているだけですが、長いお付き合い

の大親友 !? の先生が最後の砦か ? 茄子が大大大嫌いと言っているのに対し

お棺の中を茄子で一杯にして見送ってあげるよ !
[PR]
by cinecarrera | 2009-06-30 12:37 | Jazz
来て頂いたお客様達に感謝感謝です。

九州のお土産 ゆずすこ を頂きました。

液体ゆずこしょう… みたいなものですがかなりイケています。!

何にかけても美味しいですが今、納豆にかけて食べてみました。絶品です。

そう… 年を重ねてくるとこのようなちょっとしたプラスのスパイス、香りや

刺激、芳醇な感じ、深み、広がり、そんなものにそそられます。

ジャンクフード的なケミカルな刺激も実は大好きな私ですが、明らかに身体に

良くない… というのを感じます。… というか多分細胞を刺激するもの

というのを科学的に研究し尽くして作っているのでしょうから、簡単に犯され

てしまい純粋な五感というのが鈍るような感じがします。もちろんたまには

食べますが。そんなわけでジャンクは外して、ちょっと粋な味なるもの。

トマトソースもニンニクと唐辛子だけでなくプラスハーブを入れることで

グンッ と旨みが増します。舌が5段階あるとするなら、

1,2,3,4,5… と一口食べて味が広がってくるもの。

そんな くせもの が気になっている今日今頃。

そしてもちろん音楽も。あたりさわりのない邪魔にもならない、

バックグランドミュージックもあるけれど、そこに個性というスパイス…

万人に受け入れてもらうにはそこそこ穏やかな方がいいのかもしれないけれど

身体にも良く、でも何だか癖になる… みたいな感じがいいな。

 昨日、ライヴの帰りに食べた夜中のラーメン。かなり塩味が強烈でしたが、

ライヴの興奮を残した身体は、塩分吸収!! という感じ。

でもあの手の刺激物はたまーにで充分。そんな風に色んな音楽があるけれど

Mako Trioは変わらぬところは、いつも楽しく面白く… でも味はきっと

どんどん変わり、メニューも増え、限定もの、レアもの、スペシャルもの

満載でいきます !
c0181463_1610740.jpg
http://makotrio.com
[PR]
by cinecarrera | 2009-06-21 16:10 | Jazz
贅沢という言葉は違うかな、すべてがそこにある感じ。

 とした冬の空気も好きだけれど私の場合、肉体的寒さが先に

来てしまい心まで凍ってしまうので(笑) 空間、余白、余韻、行間… 

そこに無限の広がりがある。先日観てきた水墨画展の長谷川等伯の絵。

余白にただならぬ空気が漂い光と大気と愛に包まれる。昨日観た北野武の映画

「Dolls」もそうだった。台詞が最小限の分想像が膨らみ大きく引いた絵に

何も語らない分のメッセージが伝わってくる。寺山修司も言っていた。

物語の流れの中で完結してしまうと観客の中に余白が残されない

常に物語は半分作って後の半分を観客が補完してひとつの世界になっていく


自分が観る側でいる時はそれがすごく解る。次の日も次の日も余韻が残り、

ジンと伝わってくる作品とはそういうものだ。自分の中で後で考えたり想像が

広がり育っていくようなもの。人と話をすればするほど人が解らなくなったり

自分を説明すればするほど本質と違ってきたり、言葉というのは便利だけれど

それだけに囚われると誤解を生みやすく、難しいものだ。

そう、辻井伸行さんがバンクライバーンコンクールで優勝しましたが、

感じたままを音にしている感じがよく伝わってきます。私は幼少の頃から譜面

を読んで弾いてきましたが、何か 音楽の本質 と違う感じがして

目を瞑って弾きたい 
c0181463_1135429.jpg
と思ったのが即興演奏を始めたきっかけでした。

譜面という厚いフィルターのようなものを通さず、直に上から降ってきた音を

指に直結させる感じ。その快感のとりこになり、より広く美しい世界を描きた

いと思い続けています。余韻、余白なる感じは、やはり人間的成長にともない

より物事を大きくとらえられるようになってくれば、そんな世界を描けるよう

になってくるのでしょう。マコワールドはどんどん変化します。

6月20日土曜日 Mako Trio Live は如何に!?

是非いらして下さいませ…     http://makotrio.com
[PR]
by cinecarrera | 2009-06-15 11:35 | Jazz
前にもブログに書きましたが、横浜の関内に15年?来の友達がやっている

c0181463_1719549.jpg
洋風居酒屋「パーソンズ」というお店があります。

私は2週間に1回くらい仕事帰りに寄ってその素晴しき料理とお酒を堪能

しています。オーナー&シェフの岡崎さん、15年?位前から飲み友達でお互いの

夢を語ったりしていました。「自分の店を持ちたいんだ」と当時言っていて、

内心「そんな世の中甘くないでしょ? 言うだけなら誰でも言えるよ」なんて

思っていたら本当に店を出してマジでびっくりした。

店の家賃の話やらお皿を買う話やら、やれクーラーが壊れた… などと顔を

引きつらせながらも必死で乗り越えていた姿を思い出します。

当初から料理は抜群に美味しかったが、男一人で店をやっているから、

ま、正直言ってしまうとだんだん店の汚れが気になり出したり、お皿の趣味も

料理の盛り方も「うーん… 女性には受けないかもなぁ」などと思っていた。

あれから15年… 今は店も新しい場所に移り、従業員も雇い、お洒落で美しい

店となり、何より本当に本当に感動的な料理が毎回出てきます。

 前にメニューを考えている岡崎さんマル秘ノートを見せてもらった事が

ありますが、生み出すその陰の努力を知り自分の音楽の事と結びつけたりして

影響を受けてきました。岡崎さんの料理にはいつも 発見 があります。

鎌倉まで買出しに行くという野菜たちは、今まで食べた事の無いものも多く

ハーブも色々使いセイロで蒸して香りを引き立てたり、これは何?と全部

聴いてしまいます。またそれをすべて包み隠さず教えてくれますが、自分で

出来るわけが無い… という魔法の味なのでいつもただただ敬意…

彼もアーティスト… なのだと思います。

表現者。周りにいる音楽仲間たちはもちろん新しいものを生み出し続けている

人たちとの交流で、常に刺激を受け、そう昔パリでピカソやゴッホや

ドビッシーもラベルもみんな集まって影響し合っていたように、私も成長

して行きたい。私が岡崎さんの料理に癒され、元気をもらい触発までさせて

もらっているように… 私も良き音を奏でていきたい…

そして… 何を隠そう私はその店にいつも一緒に行く先生に、もう15年来

奢って貰い続けているのです。先生はただただ「おまえが出世して奢って

もらう日を楽しみにしているよ」と言ってくれ早15年…

最近は流石に「おい、まだか? そろそろ頼むよ」なんて言われている(笑)

とにかく多くの多くの人に支えてもらって好きな音楽をさせて貰っています。

恩返しの人生にそろそろ切り替えなくては! と日々思うなり…

http://makotrio.com
[PR]
by cinecarrera | 2009-06-08 17:19 | Jazz
やっと春になったと思っていたのに

季節はどんどん流れていきます。年を重ねる毎に時の経つのが早くなってくる

と感じておりましたが、それにはちゃんと理由があったのでした。

そう、先週のブログに書いた福岡先生の本にこうありました。

タンパク質の新陳代謝の速度が体内時計の秒針。加齢とともに新陳代謝は

遅くなります。 つまりなんと… 半年しか過ぎていない感覚なのに一年が

過ぎてしまった、などと感じるのは実際の時間の経過に自分の生命の回転速度

がついていけない… そうなのです。 そ、そ、そんな… ショック…

しかしそうとあればやはり日々時をしっかり身体の奥深くまで刻んで満喫

していれば感覚の差もなくなってくるのかしら?

何にしても時間の感覚というのは面白いです。深い息が出来る時や浅くなって

しまう時。音楽でも何度も弾いて自分の身体に入りこんでいるような曲は、

大きなリズムで細かなリズムをとらえることが出来、すべてに神経が

行き届き余裕があります。新曲などはどうしても必死になってしまい客観的

な自分が作り出せなかったりします。そのときの精神状態からメンバーとの

関係性からライヴでの タイム感 とは一言では表せぬ深い深い

ものがありますが、一言で言うなら ノリc0181463_200446.jpg なのでしょう。

Let's Groove! によってトランス状態になれば最高!

偶然、それは起こったりしますが、偶然を作り出す日々の努力、意思と意識が

偶然を必然に変えられるのでしょう。楽しむのも努力が必要?かな…

常に変わりゆく自分の状態を知ることがまず大事だし、人の気を読めることも

大事だし… アンテナはいくつあっても足りませぬ…

紫陽花のつぼみが梅雨の始まりを教えてくれます。湿った空気は草木の香りを

起たせてくれます。テレビのニュースから季節を知るのではなく、自分の

五感で感じていきたいですね。外の季節はもちろん、自分の中の季節も…

http://makotrio.com
[PR]
by cinecarrera | 2009-05-31 20:00 | Jazz

森光子さん89歳 …

 本当にキラキラしていて、仰る言葉はどこまでも

深くでも可愛らしく女らしい。前に何かの舞台を観に行った時、森さんも

会場にいらしていて、ロビーですれ違った事があります。

パーッとそこだけが日溜りのように明るくなり、強いライトでも当てている

のか? と見回してしまいました。

なんと森さんのオーラ! 輝いている人というのはこういうものなのか…

と実感いたしました。テレビで茶目っ気をも感じさせるその豊かな表情を

お見受けしますが、今89歳の森さんが「もっともっと表現豊かな女優に

なりたいと思います」などと仰っている…

生きる事の素晴しさを教えられます。何かの映画のキャッチコピーに

女とはすべてを知った女か何も知らない女 というのがありました。

なんだか深く頷いてしまいました。年を重ねる以上、すべてを知っている女

を目指す以外ないわけですが(笑) すべてを知っている とは

さまざまな解釈がある中、私的には
 すべての感情を知っている事

という事だと思います。女優という仕事もあらゆる感情を知っている事で

幅も味も出てくるのでしょう… 音楽家も同じだと思います。

どんな人の心にも寄り添えるメロディーを奏でたいと思い続けながら

終わりのない成長をしていきたいです。熟した音楽家は芝居をしても

上手いなぁ… と思ったりします。  を知っていたり、

表現する、という事を知っていたり…。最近ではジャズ歌手の綾戸智恵さん。

女優としても活躍されはじめましたよね。前に観た奥田瑛二さんの映画で

ちょこっと出ておられましたが、あまりのインパクトとその溢れ出す表現

の豊かさに圧倒されました。これから公開される「60歳のラヴレター」

では大抜擢な感じで、どんな演技を観せて貰えるか楽しみです。

そんな人生の先輩方に沢山の影響を受けながら私も少しづつでも熟した

いい女になっていきたいと思います!    http://makotrio.com
c0181463_1334527.jpg

[PR]
by cinecarrera | 2009-05-18 13:01 | Jazz